人気の壁面の間接照明

これまでの天井照明と違って、壁面の間接照明というのは最近非常に人気が高いですね。

というのも日本は天井が低いですから、そもそも天井照明というのはインテリアとしてあまり向いていません。

また、これまでのように天井から蛍光灯の白い機械的な光で部屋全体を煌々と照らすよりも欧米、特に北欧のように壁面照明や間接照明を部屋に複数おいて、暖炉の火のような暖かくやわらかい色合いで包むように部屋を照らすという人が増えてきているのも事実です。

さて、壁面照明というものはどういうものかと言いますと、大きく2つに分けられるのではないでしょうか?

まず、壁面に直接、照明器具が組み込まれていて部屋を照らすというもの。

間接照明は色々な種類がありますよ。

もう一つはスタンドライトやフロアライトなどのスポットライト部分等を、壁に照らし間接的に部屋を照らすというものです。

どちらかは好みにも分かれると思いますが、通常の家やマンション、アパートには壁面に直接照明器具が組み込まれているということは少ないので、後者のスタンドライトやフロアライトを壁面に照らすことで作る壁面の間接照明という方が簡単で人気ということになります。

これをご覧頂いた方にも、ぜひとも、一度、スタンドライト等を購入し、壁面の間接照明を作ることをオススメします。きっとインテリアが見違えますよ。インテリアへの重視から壁面照明が人気になっている理由をご紹介いたしました。

間接照明をさらに知りたい方はこちらをどうぞ

 間接照明

Leave a Reply

Required fields are marked *